としの備忘録 〜最近物忘れが激しい

アクセスカウンタ

zoom RSS シルバー・ウィークに電車で四国一周してきました!(2日目)

<<   作成日時 : 2015/09/19 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

としです。
カプセルホテルで寝られずの朝、気を取り直して四国一周旅行の始まりです

画像


SHIKOKU SMILE STATION 高松駅、、、かわゆす


画像


今回の旅行で使う切符です。

四国再発見早トクきっぷとは、土日祝日に限り使用できる切符で、早トクという名前からか前日までに購入する必要があります。

発売場所がJR四国なので、この切符を買うために前日に四国に入りました。

乗れるのは普通・快速列車だけですが、1日乗り降り自由で2,060円は破格です

今日、明日とこの切符を2枚使って四国を一周します


画像


なんのオブジェか分かりませんが、”うどん県 さぬきうどん駅”だそうです。

画像


駅の中もこんな感じ。


画像


まだ営業前ですが、ホーム内のうどん屋も立派です。


画像


お金持ちが乗る特急列車、、、

ですが私の切符では別途特急料金が必要になるので普通列車を乗り継ぎます。

ということで、行先が高松のままですが、高松駅 6時15分発 伊予西条行きの列車に乗ります。

画像



画像


瀬戸内海の景色を見ながら、各駅停車ののんびり旅。

単線のため、電車すれ違いのために何分も駅に停車します。


画像


途中の箕浦駅、、列車を改造したかわいらしい駅

香川県最後の駅で、これから愛媛県に入ります。


とここで、これから先の新居浜駅付近で人身事故とのアナウンス

行先が途中駅の伊予三島に変更になってしまいました

今日は高知に宿を取っているのに、、まじか、、、


とりあえず駅の売店で買ったパニーニとランチパックをホームのベンチで食べながら途方に暮れていると、お金持ちが乗っている特急列車に乗っても良いとのこと

画像


ある意味ラッキーに伊予西条駅に無事到着



画像


ダイヤが大幅に乱れ、伊予西条駅から松山駅の普通列車が即出発


画像


四国の普通列車はワンマン列車が多く、後ろから乗り運転席で料金を支払って降ります。



画像


車窓の景色が飽きません



画像


予定よりも30分も早く11時に松山駅に到着です。

次の列車まで時間があるので、松山駅でお昼ご飯を食べることに。


松山といえば、坊ちゃんと道後温泉くらいしか思い浮かばない、、

さて何を食べようかと改札を出てみると、惣菜弁当のお店の看板に”鯛めし”の文字が

お店に入ってみると鯛めし弁当とは別に”めで鯛 坊ちゃん弁当”があり、何となく惹かれて購入

画像


画像


あっさりした味付けの鯛めしは、三つ葉との相性ばっちしで、ほろほろと口の中で崩れて美味い

しっかり味の牛すじこんにゃくコロッケも多分ヘルシーだからあり難い

大してお腹空いてなかったけど、ぺろりと食べちゃいました


画像


ゆるキャラの”みきゃん”は、愛媛県のキャラクターだったんですねー

ポスターやら、お土産やら沢山ありました。


画像


それと愛媛県といえばポンジュース

学生さんが飲んでいるのを見て、あーっ!!とコンビニに買いに行きました


画像


次の電車は、高松駅 11時40分発 愛ある伊予灘線 伊予長浜経由 宇和島行きです。

行先電子掲示板にその様に表示されていました

この路線は、下灘駅という絶景駅を通過します。


画像


画像



画像


途中、伊予灘ものがたりの車両ともすれ違いました


宇和島駅 14時35分着

次の列車まで1時間、事前で電車の中でこの1時間をどう過ごそうかと思案してました。

列車を急いで降り、目的地の宇和島城を目指します

観光案内によると、宇和島駅から城山登山口まで10分、天守閣まで15分、一心不乱に天守を目指します。

画像


画像


何とか時間通りに城山登山口に到着

ここ宇和島城は、仙台藩主伊達家の居城だとは知りませんでした。


天守までの道のりをみると二通りの行き方があり、井戸丸経由で460m

老体には堪える階段道です

息も絶え絶え何とか天守に到着、、来て良かった

画像


画像


画像


画像


画像


画像



天守閣に登っている時間は無いので写真だけ撮りましたが、大きいお城ではありませんが周りがよく見渡せて景色が良く、また天にそびえる様は立派でした

ゆっくりしている暇はありません。

急いで下山をして宇和島駅に戻ります



画像



次は、宇和島駅 15時37分発 窪川行きです。

行先掲示板で乗り場を確認すると”鉄道ホビートレイン”の文字が

乗り場へ行ってみると新幹線が停まっているではありませんか

画像


中は子連れと地元民で満席、、外から写真を撮りまくっている中年おじさん恥ずかしいです

途中トロッコ列車ともすれ違い後から分かったのですが、予土線3兄弟という企画列車だそうです。

画像




画像


画像


外だけではなく、中も凝っていて乗っている間も楽しめます。


画像


車内の運賃表もこの通り

東海道新幹線停車駅の運賃も表示できる仕様です。

4桁じゃ足りないだろうけど



この予土線は、四万十川の横を走る列車で、今まで海の景色から一転、山河の景色を楽しむことができます

画像


終点の窪川駅 17時50分着

一つ手前の若井駅で予土線は終わりで、若井駅と窪川駅間は土佐くろしお鉄道の線路を利用してJRが乗り入れています。

そのため本来は土佐くろしお鉄道の運賃がかかるのですが、一番最初の切符の写真に記載の通り、JRで無いながらも本路線は切符の適用範囲となっています

画像



さて、次の列車まで50分あるので改札を出て周囲を散策。

駅の横には、四万十町役場の立派な建物がありました。

それ以外は、これと言って何も無く、、

そそくさと駅に戻り閉店間際の売店で地酒を買い込み、一人駅のベンチで列車を待ちます

画像



画像


ちょうどお酒が飲み終わるころに窪川駅 18時40分発 高知行きが来ました。

日も暮れてきて、何だか寂しい気持ちになってきました


高知駅 20時50分着

とりあえず高知駅に来たぞと、駅にあった坂本龍馬の写真を撮りました。

画像



連休で高知駅周辺の安宿が取れず、高知龍馬空港傍まで土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線で移動です。

ごめん・なはり線の名前は面白い名前で有名な路線で、JR高知駅から相互直通運転されています。

高知駅 21時23分発 奈半利行きに乗ります。

画像


画像


画像


それにしても背もたれの高さが高い

回り込んでみないと人がいるんだか、いないんだか分かりません。



今宵の宿がある、あかおか駅 22時4分着  御免駅〜あかおか駅間 400円

駅から10分ほど歩き、旅館かとりさんに到着

遅くなることを伝えていたものの、素泊まり相手に快く出迎えて頂き、嬉しかったな〜

駅周辺にコンビニもなく、夕飯を食べていないことを伝えると、親子丼ならと手際良く作って頂き、心温まる思いでした

お遍路さんの為に宿を始められたとのことで、大きなお風呂と、柔らかいお布団で疲れを癒せました

素泊まり 4,500円  親子丼 600円

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シルバー・ウィークに電車で四国一周してきました!(2日目) としの備忘録 〜最近物忘れが激しい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる