【カップ酒(7)】富山:成政酒造 成政

画像画像としです。

まるで雪が解けて、そのまま酒になったような透明な味わいの辛口酒。
富山の酒は、アルプスから流れ出る綺麗な水で造られたんだろうなと勝手に想像してしまうほど上品に感じられる。(本当は、富山県と石川県の県境の医王山ってところから湧き出ている水なんだって)このクラスの酒でそう感じるのだから、その他の銘柄が楽しみだ。

楽天で「成政」を探す
楽天で「カップ酒」を探す

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年01月09日 21:50
(2)から素晴らしいシリーズになってますね。列車の旅をしたくなっている自分がいます(現実には難しいケド)。少なくとも次回のフェリーの旅ではカップ酒を準備したいなぁ!
2006年01月10日 06:27
>ロングさん
 ありがとうございます。
 実家帰省の際、近所の酒屋でカップ酒を
 相当種揃えられていまして、お土産に
 40種程買ってきました。
 毎晩の晩酌の楽しみになってます。
2006年01月10日 14:25
カップ酒シリーズ、凄いッスね。どこからそんなネタを・・・?40種類って多!!
凄いなぁ~。
40種類全部飲んだときに最初に飲んだお酒の事を忘れない様にBlogに書く。。。
なかなか良いシリーズになりそうですね。
2006年01月10日 21:09
>NANさん
 最初の酒、もう忘れてる。。。
2006年01月11日 11:22
>とし様。。。やっぱり。。。
2006年01月11日 12:17
(笑)

この記事へのトラックバック