【映画】エリザベスタウン

としです。
オーランド・ブルームといい、キルスティン・ダンストといい、どちらも私の好きな俳優でそれだけでも見ていて楽しい。

ドリュー(オーランド・ブルーム)がデザインした靴の失敗で、会社に四捨五入して10億ドルの負債を与えてしまう。
この失敗のため会社をクビになる。自分の人生を全て捧げてきた仕事を失ったことで自殺を決意するが、父親の訃報の知らせで、自殺は取り合えず延期して父親の故郷、ケンタッキー州のエリザベスタウンへ。。。

エリザベスタウンへ向かう飛行機の中で出会うアテンダント役のクレア(キルスティン・ダンスト)がいい味出してる。
この飛行機には、そもそも乗客がドリューしか居なかったのかな?ドリューに対して好意的に接するクレアが、ドリューのやり場の無い気持ちに滑り込んでくる。
今は、うざいという気持ちのドリューだけど、エリザベスタウンに到着し、周りの雰囲気にだんだん人恋しくなり、、、

この映画は、他でも書かれていますがシーンごとの音楽が秀逸です。
とても情景に合っていて、音楽が無ければ、このストーリーは映えないだろうなとも思うくらいです。
その音楽に引き出されて、家族との繋がり、父親の偉大さ、親戚の暖かさ、人との繋がりを学ぶドリューと、クレアのしたたかなドリューへの恋心が上手く表現されていると思いました。

仕事で失敗するくらいで軽く死を選ぶドリューの間違いを、父親が身を持って教えてくれたのかなとも読める内容で、クレアという天使をもプレゼントしてくれたのかも知れません。クレアも最初(飛行機の中での表情からも)からドリューの命のことを意識していたようにも思えます。最後の一人旅マップも偉大なアメリカと共に、生きること、感じること、死ぬということを回想させる内容ですし。。。

ただの恋愛映画とも見れますし、こんな大失敗をやらかしても死ぬに値しないと、命を軽視しがちな今の時代に、とても重要なことを教えてくれ、そこに心に染み入る音楽が何とも心地良く、、、良い映画でした☆

多くの人に感じてもらいたい映画ですね。

 
エリザベスタウン オーランド・ブルーム、キルスティン・ダンスト
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2006/11/2
おすすめ平均 Amazonで詳しく見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『エリザベスタウン』 ルーツを取り戻す

    Excerpt: オーリーの開発したスニーカーの、 どこがどういけなかったのかが、終始気になった。 「それでいい」とGOサインを出した上司にも、 責任はあると思うんだけど、彼一人がクビになる。 約10億.. Weblog: *モナミ* racked: 2007-01-15 18:54
  • 映画のご紹介(123) エリザベスタウン(2005年)

    Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(123) エリザベスタウン(2005年)-田舎暮らしっていうのも いいもんじゃないだろうか.. Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス racked: 2007-01-15 23:16