調布航空宇宙センターの一般公開に行って来ました

今回で3回目となる調布航空宇宙センターの一般公開へ行って来ました

画像


このJAXAは調布飛行場の傍にあり、主には航空分野の実験設備が多いところ

音速ジェットなどの次世代航空機に関係する展示が多く、当然ロケット開発にも活かされているのですが、小さなこどもたちには分かりにくいのではと思ってしまいます。

画像




JAXA職員もスタンプラリーやクイズなどで子供たちの興味を惹こうとしてはいるのでしょうけれども、展示物を真面目に見ようとしている人が追いやられている感は否めず残念


音速で飛ぶということは空気抵抗を減らす技術、ソニックブームを低減させる技術、燃費向上させて長距離を飛ぶ技術などあり、その度に機体を作っていたらお金が掛かって仕方が無いから、どうやって研究しているかという実験機材が公開されています。


風洞設備は、その最たるものと思いますが、大小いくつもの風洞設備があって、高校生の弟くんは3回目の見学でも興味津々


小学生、中学生の時は設備の大きさくらいしか興味が持てなかったかも知れませんが、今となっては設備自体の意味を理解できているので頼もしい


画像


これはオートクレーブと言って、炭素繊維のプリプレグを熱と圧力を使って成形するもの
機体やプロペラなど、軽くて強い材料を使った研究に使うものかと



帰りに埼玉県人御用達の山田うどんで、定番のAセットを食べました

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック