テーマ:読書

【備忘録】今年読んだ本...2008

としです。 今年読んだ本、取りあえず一覧だけ 熱湯経営―「大組織病」に勝つ樋口 武男文藝春秋2007/8/16 老いてこそ人生石原 慎太郎幻冬舎2003/07 営業ドキュメント「同行指導」の現場―SSTプロジェクトの奇跡 わずか24人で「700人の営業平均値」を底上げ山本 藤光プレジデント社2008/05 私塾のすす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旬のジェネリック医薬品を貰ってみた(・∀・)

としです。 最近、ジェネリック医薬品と時々耳にしますね 医薬品は開発した企業が先行者利益を目的に特許料を設けて商売をしていますが、このジェネリック医薬品とは、特許の切れた医薬品を後発医薬品として安価に販売することらしいです。 自分の言葉なので、間違っているかも知れませんが 平たく言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【備忘録】今年読んだ本...2007

としです。 今年読んだ本、取り合えず一覧だけ 昨晩お会いしましょう田口 ランディ幻冬舎2001/10 ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学島田 紳助幻冬舎2007/05 午前八時の男たち―トップが語る/強い企業の秘密城山 三郎光文社1983/01 うつくし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

北部公民館の図書室に行ってきました

としです。 読書の秋です。 散歩も兼ねて、北部公民館の図書室に行ってきました 図書室というからには大したこと無いのかなと、初めて行ったのですが、馬鹿にしたもんじゃないですね。 公民館だからでしょうか、小学生・中学生向けの本が、やや多いですが、それでもどれを読もうか悩むほどの数。 図書館とは違い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【青空文庫】パナマ運河を開いた話/鈴木三重吉

ルッセははじめ千名の工夫をつかつて工事にかゝりましたが、もと/\この地方一たいは、マラリアだの黄色熱(くわうしよくねつ)だのといふおそろしい熱病のはやるところで、その千人の工夫も、黄色熱にかゝつて一年足らずの間に全部死んでしまひ、つぎに補充した千名も一年たゝないうちにまたすつかり死んでしまひました。百人のうち六十九人が一どにわづらつて、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【青空文庫】茶わんの湯/寺田寅彦

ここに茶わんが一つあります。中には熱い湯がいっぱいはいっております。ただそれだけではなんのおもしろみもなく不思議もないようですが、よく気をつけて見ていると、だんだんにいろいろの微細なことが目につき、さまざまの疑問が起こって来るはずです。ただ一ぱいのこの湯でも、自然の現象を観察し研究することの好きな人には、なかなかおもしろい見物(みもの)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more